シダトレン免疫舌下療法

シダトレンは、スギ花粉を原料としたエキスで、少量から服用することによって体を慣らし、スギ花粉によるアレルギー症状を和らげます。他のアレルギーには効果はありません。

 

  1. 服用開始前にスギ花粉症の確定診断が必要です。
  2. 初めての服用は、副作用がでることがありますので、医師の監督のもとで行います。
  3. 治療開始時期はスギ花粉が飛散していない時期となります。年によって異なりますが、1~5月はスギ花粉が飛散している可能性のある時期のため、治療開始は6~12月となります。
    舌の下に薬液を入れたまま2分間保持した後に飲み込みます。
  4. 対象年齢:12歳以上の方が保険の適応となります。
    高齢者の方は、適応外ではありませんが、効果のある方の割合がやや少なくなると予想されます。
  5. 最初の2週間は徐々に増量し、その後は決まった量を服用します。
  6. 1日1回、約3年間継続して服用します。
    現在のところ明確な時期は決まっていませんが、学会では3~5年を推奨しています。今後時期が明確になりましたら、随時ご報告いたします。
  7. 冷蔵庫で保管しますが、旅行などで数日間冷蔵庫に入れない状態がありましても問題ありません。
  8. 副作用が出た場合は直ちに中止し、クリニックにご連絡ください。

※初めて服用する時はスギ花粉症の検査に20分、内服後に30分間の経過を診る必要があるので、お時間を要します。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

服用方法(増量期)

下記の服用スケジュール表に従って、1日1回服用してください。
*家族の居る場所や日中の服用が推奨されます。

  • 確認

ディスペンサーのキャップをはずし、服用前にティッシュペーパーなどにポンプを1回プッシュして、薬液が出るか確認してください。

  • 舌の下にプッシュ

大きく口を開け、舌の下に1度にその日の服用量をプッシュします。
*シダトレンは添加物として濃グリセリンを使用しているため、患者さんによっては服用時にピリピリ感を感じることがあります。

  • 飲みこむ

舌の下に薬液を入れたまま2分間保持した後に飲みこんでください。

  • うがいや飲食

その後5分間は、うがいや飲食をしないでください。

服用量・服用スケジュール

1~7回目は青のシダトレン200JAU/mLボトルを、8~14日目は白のシダトレン2000JAU/mLボトルを使用し、以下の表のプッシュ数の通り服用します。
プッシュ数は日毎に異なりますので注意して下さい。

  • ※下のイメージは横スクロールでご覧頂けます。

    服用量・服用スケジュール

服用方法(維持期)

服用量・服用手順

  • シダトレン

15日目以降は、1日1回、シダトレン2000JAU/mLパック1包(1mL)を服用してください。
*家族の居る場所や日中の服用が推奨されます。

  • 切り口から開ける

▲印全体を指でつまみ、切り口から開けて下さい。
本体をつまむと液が飛び出るおそれがあります。

  • 舌の下に1度に薬液をすべて滴下

大きく口を開け、舌の下に1度に薬液をすべて滴下します。

  • 2分間保持

舌の下に薬液を入れたまま2分間保持した後に飲みこんでください。

  • 5分間は、うがいや飲食をしない

その後5分間は、うがいや飲食をしないでください。

服用上の注意

●シダトレン服用中も抗アレルギー薬の内服・点眼・点鼻治療が可能です。

●誤って多く服用してしまったとき

  • 直ちに吐き出し、うがいをしてください。
  • 翌日、改めて前日の用量を服用してください。

 

●2分間保持できず、のみこんでしまったとき

  • その日は再度服用しないでください。
  • 翌日、改めて前日の用量を服用してください。

 

●服用し忘れたとき

  • その日のうちに気が付いた場合、その日の用量を服用してください。
  • 翌日気が付いた場合、前日の用量を服用してください。

 

●中止・再開するとき

  • 服用を中止する場合、自己判断で中止せず、必ず医師に相談してください。
  • 服用を長期に中断した後、再開する場合、必ず医師に相談してください。

 

いずれの場合も、決してその日の分以上の用量を服用しないでください。
異常が認められた場合は、直ちに医療機関を受診してください。

医師に相談すべきとき

次のような症状があるときは、シダトレン服用前に医師に相談してください。

  • 喘息発作や症状が激しいとき

    喘息発作や症状が激しいとき

  • 口内炎など、口の中に炎症があるとき

    口内炎など、口の中に炎症があるとき

  • 風邪をひいているときや、体調が悪いとき

    風邪をひいているときや、体調が悪いとき

  • 抜歯などの口の中の手術や治療を行ったとき

    抜歯などの口の中の手術や治療を行ったとき

服用後、特に気をつけてほしいこと

シダトレン服用後、次のような副作用が現れるおそれがあります。

特に、

  • 服用後少なくとも30分間
  • 服用開始初期(およそ1ヶ月)
  • スギ花粉が飛散している時期

は注意してください。

主な副作用

  • 口の中の副作用 口内炎、舌の下の腫れ(舌下腫脹)、口の中の腫れ(口腔内腫脹)
  • 喉のかゆみ(咽頭そう痒感)
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛

など

上記のような症状が現れた場合、直ちに医療機関を受診してください。

  • 口内炎

重大な副作用

  • ショック
  • アナフィラキシー

※医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)がみられる

アナフィラキシーの前兆

皮膚の症状

蕁麻疹、そう痒感、紅斑・皮膚の発赤などの全身的な皮膚症状(医薬品の投与数分から通常は30分以内に)

 

消化器の症状

胃痛、吐き気、嘔吐、下痢

 

目の症状

視覚異常、視野の狭窄など

 

呼吸器の症状

声がかれる、鼻がつまる、くしゃみ、喉のそう痒感、胸のしめつけ感、咳、呼吸困難、呼吸の音がゼーゼー・ヒューヒューする、チアノーゼなど

 

循環器の症状

 

頻脈、不整脈、血圧低下など

不安、恐怖感、意識の混濁など

上記のような症状が現れた場合、直ちに医療機関を受診してください。

特に緊急性が高いアレルギー症状

呼吸器の症状

声がかれる、喉のそう痒感、胸のしめつけ感、咳、呼吸困難、呼吸の音がゼーゼー・ヒューヒューする、チアノーゼ

 

循環器の症状

頻脈、不整脈、血圧低下

 

神経の症状

意識の混濁

 

消化器の症状

持続する胃痛、持続する嘔吐

特に上記のような症状が1つでも当てはまる場合、救急車を要請するなど迅速な対応が必要です。ご家族も注意してください。

PAGETOP