日帰り白内障手術

白内障とは水晶体(カメラでいうレンズ)が、年齢や病気により混濁した状態です。

  • 白内障

白内障手術について

白内障手術では混濁した水晶体を取りのぞき、眼内レンズを挿入します。
医療技術の進歩により、現在は患者さんにとって痛みもなく、負担の少ない手術となっています。
最新の機材で細心の注意を払いながら手術を行いますので安心してお受け頂けます。

 

 

※当院での白内障手術は日帰り手術となります。入院希望や他の病院での手術希望の場合は、ご紹介いたしますので、ご遠慮なくお申し出ください。

  • ※下のイメージは横スクロールでご覧頂けます。

    白内障手術

眼内レンズについて

眼内レンズには『単焦点レンズ』と『多焦点レンズ』の2種類があります。

  • 単焦点レンズ

    ピントのあう場所が遠方、中間、近方のいずれか1つになります。ピントの合わない場所は、眼鏡を使用します。

  • 多焦点レンズ

    ピントのあう場所が遠方と中間と近方の3焦点レンズ、遠方と手元側の2焦点レンズがあります。誰でも適応となるわけではございませんので、ご相談ください。

単焦点レンズと多焦点レンズの違いについて

単焦点レンズ 多焦点レンズ
対象 全員
  • 基本、75歳以下の方
  • 網膜や角膜(乱視が強い方を含む)に病気がある方は適応外になります。
見え方のイメージ

奥の景色ははっきり見えますが、手前の名刺が見えにくいです。

単焦点レンズに比べ、手前の名刺も見えやすいです。

ピントが合う場所 ピントが合う場所が遠方・中間・近方のいずれか1箇所になります。
  1. 3焦点レンズ:ファインビジョン(遠方と目の前50cmと30cm)
  2. 焦点深度拡張型レンズ:シンフォニー(遠方から目の前50cmまで自然な見え方)
  3. 2焦点レンズ(遠方と目の前30cm)
  4. 2焦点レンズ(遠方と目の前40cm)
  5. 2焦点レンズ(遠方と目の前50cm)
利点 見え方が無難 眼鏡の使用頻度が減ります
欠点 遠方にピントを合わせた場合は老眼鏡、近方にピントを合わせた場合は遠方を見るための眼鏡が必要になります。

 

  • 2焦点レンズは遠方と手元側は見えやすいですが、その間の部分に見えにくい落ち込み部分があります。コントラスト感度(色の濃淡)の低下があります。ハローやグレアと言われる、夜間の車のライトや街灯の光が強く感じることがあります:夜間に車の運転をされることが多い方は注意が必要です。

 

  • 水の中から見てるような見え方になることが稀にあります。

 

3焦点レンズ(ファインビジョン)・焦点深度拡張型レンズ(シンフォニー、ミニウェル):上記のような2焦点レンズの欠点が生じにくいです。

欠点の対処法 単焦点レンズに代えます
※追加手術代は別途必要になります
当院での費用 保険診療
1割:約1万5千円
2割:約3万0千円
3割:約4万5千円

自費診療(保険適応外)

・3焦点レンズ(ファインビジョン):片眼35万円(税込)

・3焦点乱視用レンズ(ファインビジョン):片眼37万円(税込)

・焦点深度拡張型レンズ(シンフォニー)・2焦点レンズ:片眼35万円(税込)
※術前と術後3ヶ月の手術に関わる検査代・診察代・薬剤代を含みます。
焦点深度拡張型レンズのシンフォニーと2焦点レンズは先進医療保険適応です。かきのき眼科は3月から厚生労働省認定 先進医療施設となります。

日帰り白内障手術に関するQ&A

Q:手術は痛いですか?

局所麻酔(点眼麻酔)のため違和感は感じますが、大きな痛みは感じにくいです。

Q:すぐにみえるようになりますか?

個人差がありますが、視力が安定するのに2~4週間くらいかかります。
眼鏡を合わせて、はじめてすっきりみえるようになります。
眼鏡は術後1ヶ月くらいで作成します。
角膜や眼底に病気がある方は、視力が出にくいことがあります。

Q:手術後の見え方の変化はありますか?

手術により濁りをとりますので、まぶしいと感じることがあります。多くの方は慣れます。
青みを帯びてみえることがあります。水晶体が加齢により黄色味を帯びており、青色が目に入りにくい状態だったためです。
視野に黒いものが飛んで見えることがあります。白内障により霞んでいたため、気にならなかった「飛蚊症」が見えるようになるからです。
視野の周囲に三日月のような像が見えることがあります。眼内レンズのふちで光が反射して見えるからです。

Q:手術までどれくらい待ちますか

予約状況によりますが、1~2ヶ月先になります。目の状態によっては、早めに白内障手術を要することもあります。

Q:手術までの流れを教えてください。
  1. 医師の診察をうけて、手術日を決定いたします。
  2. その後、手術のための目の検査をうけていただきます。
  3. 医師が全身検査の結果と、手術内容のご説明をいたします。
Q:両眼同時に手術できますか?

当院では、片眼を手術して、1~2週間後にもう片眼を手術します。

Q:片眼手術したら、もう片眼も手術しなくてはいけないのですか?

必ずしも必要ではありませんが、ほとんどの方が両眼を希望されます。

Q:術後の診察は必要ですか?

術翌日、術後2~3日後、1週間後、2週間後、1ヵ月後・・・と必要になります。特に術後2~3日目の診察は、術後感染症などの早期発見のために、必ず必要です。

Q:『単焦点レンズ』と『多焦点レンズ』は手術の方法も違うのですか?

単焦点レンズも多焦点レンズも手術方法は全く同じで、レンズが違うだけです。

Q:多焦点レンズは医療費控除の対象になりますか?

対象になります。

Q:多焦点レンズは眼鏡がいらなくなるのですか?

遠くも近くも中間も全てはっきり見えるレンズはありません。レンズの種類により、近くが見えにくかったり、中間が見えにくかったりしますので、眼鏡が必要になることもあります。
職業や趣味にもよりますが、眼鏡がなくても快適に生活ができる方が多いです。

Q:レンズは一生もつのですか?

基本的に一生もちます。しかし、目を激しくぶつけたり、アトピー性皮膚炎などの一部の方はレンズがずれたりして、再手術が必要になることもあります。
後発白内障という、レンズをいれる袋が術後数ヶ月~数年経って濁ってくるので、外来でレーザー処置が必要になることがあります。

Q:洗顔や洗髪はいつからしていいのですか?

傷口からばい菌が入らないように、少なくても3日間は水が入るような行為はしないでください。
顔を洗いたい時は、よくしぼったタオルで顔をふいてください。
洗髪したい時は、美容院で目に水がはいらないよう洗髪してもらってください。

Q:仕事やスポーツはいつからしていいのですか?

事務的な仕事でしたら、手術当日から可能なことが多いですが、個人差がありますのでご注意ください。スポーツは約2週間控えてください。ただし、プールは約1ヶ月間控えてください。

Q:お酒やタバコはいつからしていいのですか?

手術当日は控えてください。

PAGETOP