緑内障

 視神経(目の神経)が細くなり、視野が狭くなる病気です。40歳以上の方の約20人に1人が緑内障と言われています。最近は健診や、たまたま違う症状で眼科に行って、みつかることが多くなりました。失明する怖い病気というイメージがありますが、以前に比べよい点眼がありますので、早期治療をすれば、多くの方は日常で問題ない程度におさえることも可能です。 症状がなくても、定期的な検査はとても重要です。

 治療には点眼とレーザーと手術があります。レーザーや手術で緑内障が治るわけではありません。あくまでも、点眼と同じで、眼圧を下げることが目的となります。一部の緑内障の方は、3~4種類とたくさんの点眼が必要になることがあります。点眼には、黒目に傷がついたり、白目が充血したり、目の周りが黒くなったり・くぼんだり、睫毛が伸びたり、瞼が下がったりなどの副作用があります。点眼だけでは眼圧が下がにくい方や、点眼の副作用が出やすい方はレーザーや手術が必要になります。以前の緑内障手術は侵襲が強い手術しかなく、手術のリスクも大きかったのですが、最近では、低侵襲緑内障手術MIGS(Minimum Invasive Glaucoma Surgery)が主流となり、白内障手術と一緒に手術もできますので、患者さんの負担もかなり軽減できるようになりました。かきのき眼科では、視野検査や網膜断層検査(OCT)により、緑内障の早期診断や定期検査はもちろん、低侵襲緑内障手術を受けることができます。

視野障害の進行

視野のイメージ像

※右眼で表示しています。

  • 初期

    初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない部分)ができます。自分自身で異常に気付くことはほとんどありません。

  • 中期

    中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。 しかし、この段階でも逆の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いです。

  • 末期

    末期

視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。

眼底写真(視神経乳頭の拡大写真)

  • 視神経乳頭の拡大写真

正常眼に比べて、緑内障眼は乳頭の陥凹(へこみ)は大きく、輪郭もいびつになっています。

PAGETOP